2009年03月15日

円高と円安について

円高と円安
さすがに、これは私も分かっていました。

だけど、それを元にお金を稼ごうとしているのですから
もう一度、きちんと確認しておきますね。

円高は円の価値が上がったこと
円安は円の価値が下がったことです。

ドル円のレートを例にあげれば
ドル円はドルと円の交換レートを表しています。

ドル円が100円の時は
1ドル当たり100円の価値があるということです。

たとえば、ドル円が101円になったということは
今まで100円で交換できていた1ドルが
101円出さないと交換できなくなったということです。

1ドルを手に入れるために1円多く必要になったということ
ですから、円の価値が下がったということです。
「円安・ドル高」ですね。

反対にドル円99円の時は
100円で交換していた1ドルが99円出せば手に入るということに
なるので円の価値が上がったということになります。
「円高・ドル安」です。

今日は簡単でしたね(^^
posted by FXチャレンジャー at 14:23| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

2WAYプライスとスプレッドについて

2WAYプライスというのは、為替レートの表示の仕方で、
FX(外国為替証拠金取引)業者が売り気配値と買い気配値の
両方のレートを同時に表示することです。

買う時の買値が「Ask」売る時の売値が「Bid」です。
ちょっとわかりにくいですね。

Bidは買い気配値と言い、この値段であれば買いたいという人が
いるため、私が売ることができます。

Askは売り気配値と言い、この値段であれば売りたいという人が
いるため、私が買うことができます。

そして、このBidとAsk との差を「スプレッド」といい
手数料とともにコストがかかります。

なので、私たちにとっては、スプレッドが小さいほど良いことに
なります。

また、スプレッドを表す単位は、pips(ピップス)やポイントで表します。
1pips=1銭と考えればいいと思います。

だんだんわかってきたのですが、FXをするときは、
取引業者選びが大事な要素になるようですね。
posted by FXチャレンジャー at 18:35| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

レバレッジをもっと詳しく勉強しました

レバレッジとは、証拠金をFX取引会社に担保として預けることで、
その何倍もの外貨取引ができるということでしたね。

レバレッジはFX取引業者によって様々なんですねぇ。
高いFX取引業者では、400倍なんてところもあります。

ということは、1ドル100円の時、10万円の証拠金を
預ければ、40万ドル(4000万円)の外貨を買うことが
できるんですね。

で、レバレッジを高く設定しているFX取引業者や取引ツールは
危険だというイメージがあるけれど、そうじゃなくて
レバレッジは自分で決めるものだと書いてあります。

レバレッジは、FX取引業者の設定に依存するけれど、実質的には、
口座に保有する証拠金の残高しだいで調節できるんだそうです。

1ドル100円の時、1万ドルのポジションを持った場合、
レバレッジ50倍のFX取引業者であれば最低限2万円分の資金が
必要になります。
しかし、レバレッジ100倍のFX取引業者であれば1万円の資金で
すみます。

そのほうが余裕がある取引ができるそうです。
でも、余裕があるから、ついポジションを持ちすぎてしまう危険性も
あるので自分で注意しなければいけないそうです。

今日は難しかったです(汗

これから理解していけるんでしょうか?
ちょっと心配になりました。
でも、早くデモトレードをしてみる方が良く分かるかな?と
思い始めました。
posted by FXチャレンジャー at 04:01| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

FXと外貨預金を比べると

今日は、FXが、外貨投資の王道と言われている外貨預金に
勝っている点を勉強しました。

1・少ない元手で取引が可能・・・実際にドルを1万ドル買うには
  1ドル100円の時100万円必要ですが、多くのFX業者では、
  数千円から10万円程度の証拠金での取引が可能です。

2・手数料が安い・・・一番ポピュラーなドルでも銀行であれば
  片道1円程度の手数料がかかりますが、FXであれば2銭程度の
  コストから可能です。

3・24時間取引できる・・・外貨預金は基本的に銀行の
  営業時間内にしかできませんが、FXなら土日を除いて
  24時間取引が可能です。

4・拘束期限がない・・・外貨預金は最低1カ月などの解約制限が
  ありますが、FXにはありません。

5・取り扱い通貨が多い・・・銀行で扱っている通貨は
  ほんの数種類ですが、FXは最高140通貨ペア以上の取引が
  可能な業者もあります。

6・有利なレート・・・外貨預金は指定されたレートでしか
  売買できませんが、FXであればリアルタイムでフェアな
  為替レートで売買することが可能です。

7・売りから入ることも可能・・・外貨預金は円を売って外貨を
  買うことしかできませんが、FXであれば外貨の売りから入る
  こともできます。

ますます、FX(外国為替証拠金取引)が良さそうですね(^^
posted by FXチャレンジャー at 14:09| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

FXと株式投資を比べると

先日も、少し書きましたけど、今日はFXが株式投資に勝るポイントを
書いてみます。

1・24時間取引が可能・・・株式市場は9時から15時までしか
  取引できないけど、FXは、土日を除く24時間世界中で取引されて
  いるので、サラリーマンが帰宅後に取引することも可能。

2・倒産やストップ安がない

3・投資対象が程良い数である・・・株式は4000銘柄もあるが
  FXは主要な通貨ペアは、せいぜい10〜20種類ほど。

4・スワップ金利・・・金利の安い国の通貨を売って、高い国の通貨を
  買うと、毎日その金利差を受け取ることができる。
  でも今は、どこの国も低金利になっているので、あまり期待
  できませんね。

5・機関投資家などが故意に市場を動かしたりすることがない
 
6・注文方法が多彩

7・高レバレッジが可能・・・少ない資金で投資できるということです。


たくさん書きましたけど、ここまではどうにか、
まだ理解できています。(^^;

でも、書くっていうことはやっぱりいいですね。
ただ読んでいるだけでは、頭に入りませんけど、こうして書いてみて
本当によく分かりました。

今日の勉強はここまでです。(^^
posted by FXチャレンジャー at 22:58| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

FXと他の金融商品を比べて見ると

今、世界中が大不況で、絶対大丈夫だと思っていたような会社が
つぶれたり、リストラされたりで、これからどうなるのか
とても不安です。

今は、もう年金もあてにできませんしね。
貯金をしておいても低金利だし目減りするし、
何か自衛しなくてはいけないとずっと思っていました。

今まで、両親の世代も含めてのことですけど、色々な金融商品を
買ってきました。
株、投資信託、転換社債、外貨MMF、外貨預金。。。
まぁ、銀行へ置いておくよりか良かったかな。。

でも、ちゃんとした知識もないのに、なんか良さそうかな?って
思ってやってみるんですけど、私の感想では、小回りがきかないって
感じですね。

手数料のことを考えてついついそのままにしているうちに
機会を逃してしまうというパターンが多かったように思います。

FXがいいなと思うのは、取引コストが安いことと、
他人を介さないで自分で決定して売買できるということ。

そして、株と比べると、簡単じゃないかなと思うんです。
あっ、これは、まだまだ勉強中ですから根拠のないことかも
しれませんけど(^^;

株は自分が買いたい会社の業績とか、色々調べないといけないん
ですよね。
そんな面倒なこと、経済音痴の私には到底無理だと思います。

その点、FXは為替の動きを見ていればいいんですよね?

そんな簡単なものじゃないよ!って怒られそうですね(汗
はい、もっと勉強します(^^;
posted by FXチャレンジャー at 18:47| Comment(1) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

FX(外国為替証拠金取引)って?

やっと、FX(外国為替証拠金取引)までたどり着きました。
でも、ここからが難しくなりそうです(汗

外国為替取引とFX(外国為替証拠金取引)の違いとは何でしょう?

簡単に言うと、「外国為替取引を少額の証拠金で行う取引のこと」
だそうです。

取引したい金額の一部を、証拠金として為替取引業者に預けることで
少ない資金で大きな金額の取引を行うことができます。

これが「レバレッジ」(てこの原理)と言われるもので、
レバレッジが大きければ大きいほど
ハイリスク・ハイリターンの取り引きになります。

ハイリターンは歓迎だけど、ハイリスクは避けたいですね。

でも、これだけFXする人が多くなっているということは、
それだけの魅力があるんでしょうね。

明日は、「なぜ、今、FX(外国為替証拠金取引)か?」
ということを勉強して、日記を書きたいと思います。
posted by FXチャレンジャー at 10:33| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

為替取引って?

まず、「FX(外国為替証拠金取引)って何?」というところからですが。。。
外国為替の意味が分からなくてはいけませんよね。

外国為替取引とは、2種類の通貨を交換(売買)する取引の
ことなんですね。

たとえば、アメリカ旅行をする場合、銀行で円をドルに変えますが、
これも、為替取引の一つなんです。

その交換する2種類の通貨の交換比率を為替レートと言います。

為替レートが1ドル100円ということは、
100円を支払うと1ドルに交換できるということになります。

そして、この為替レートというのは、
その通貨の需要と供給の関係により世界中で取引され、
常に変動しています。

この変動が「為替相場の動き」になります。

ニュースなどで、「今日の外国為替市場は、
1ドル100円50銭から55銭の間で取引されています」
なんて聞きますよね。

あれは、「1ドル100円50銭で売れる」「1ドル100円55銭で
買える」ということなんです。

そして、売買する2国通貨の組み合わせのことを
「通貨ペア」といいます。

「アメリカドル/円」「ユーロ/円」「イギリスポンド/円」など、
様々な通貨ペアがあるようですが、ど素人の私は、混乱しないように
「アメリカドル/円」で取引していこうと思います。
posted by FXチャレンジャー at 11:23| Comment(0) | FXのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。